たすかりす。とは?

世代ホームシェアとは?

住宅の空き部屋を学生が借り、その住宅の家主と一緒に共同生活を送る住まい方のことです。貸す側も借りる側も一人で生活できることを前提として行うもので、どちらかがどちらかに依存してしまったり、負担になったりすることはありません。

前もって家主と学生双方の人柄や相性を確認し、双方のニーズに合ったルールを決めておくことにより、お互いにとって居心地のよい緩やかな共同生活の関係を築きます。

 

 

異世代ホームシェアは、日本ではあまりなじみのない住まい方ですが、海外では欧米諸国を中心に定着しつつあります。

 

たすかりす。では、これまでにフランス、スペイン、ドイツ、カナダの先進事例の調査を行っており、福井での異世代ホームシェアの仕組みづくりの参考にしています。

また、世界的なホームシェアのネットワーク組織として、Homeshare internationalがあり、各国の情報共有を行っています。

日本でもホームシェアは少しずつ広まっており、その中でも東京都世田谷区を中心に活動されているNPO法人ハートウォーミング・ハウスが先進的に取り組んでいます。

京都では、「京都ソリデール」事業という、高齢者と若者の異世代によるホームシェアを取り組んでいます。

この事業は、福井大学と福井県社会福祉協議会との共同事業として行っています。

福井大学 住環境計画研究室 福井県福井市文京3-9-1         TEL:090-8967-2277(たすかりす。専用)Email:tasukarisu291@gmail.com

福井県社会福祉協議会 福祉のまちづくり推進課 異世代ホームシェア係 TEL:(0776)24-4987    Email:chiiki@f-shakyo.or.jp

 

Copyright c 2015 Kikuchi-lab All Rights Reserved.